LINEで年賀状2022年、無料で送るやり方|使えるアプリ・スタンプ・画像OKのデジタル年賀状テンプレート

LINEライン年賀状2022年無料で作成・送る(送れる)・使える|お正月無料アプリ・スタンプ・テンプレートの使用方法6

2022年、LINEで年賀状を送りたい方におすすめ!無料や少しの課金でラインで年賀状を送るやり方をまとめました。アプリやスタンプ、テンプレートを使って、写真(画像)や動画、メッセージを添えたデジタルな年賀状が送れるんです。気軽に時間を掛けず、簡単に新年の挨拶を行いたい場合など方法をチェック!
年賀状おもしろい一言2022年【20選】ユニークで笑える寅年添え書き文例

LINEで年賀状を送る方法概要

【デザイン年賀状に写真とメッセージを添えて送りたい場合】

  • 無料アプリを使って年賀状を作成し、ダウンロードしてLINEに贈る方法
    【アプリ】・郵便局の「はがきデザインキット2022」
         ・「つむぐ年賀2022」
  • 郵便局の低価格のLINE年賀状サービス「スマート年賀2022」

【時間を掛けず、簡単に年賀状カードを送りたい場合】

  • LINEギフトで年賀状テンプレートとメッセージを添えて送る方法
  • LINEスタンプを送る方法

LINEで年賀状(無料アプリを使用する方法①)

■郵便局の「はがきデザインキット2022」
 ※2022年版はリリース開始されています

LINEライン年賀状2022年無料で作成・送る(送れる)・使える|お正月無料アプリ・スタンプ・テンプレートの使用方法1

【アプリの使い方】
誰でも直感でカンタンに操作ができるスマホアプリ
①はがきのデザインを選ぶ。
②スマホに入っている写真とメッセージを添える。
 あなただけのオリジナルはがきがカンタンに作れます。
③作った年賀状はスマホ端末に、無料でダウンロード保存する。
④保存した年賀状をLINEで使用することができます。

【注意点】
ラインで送付する時は、縦型、横型ともスマホ画面に合わせて調整されますが、LINEトーク画面で見ると縦型年賀状の方が大きく見やすいです。

【メリット】
・完全無料アプリ
・写真とメッセージを使い自分だけのオリジナル年賀状が作れる

【デメリット】
・年賀状を作るのに時間が掛かる

【郵便局HP】はがきデザインキット2022

※作成した年賀状はコンビニ(セブンイレブン)で簡単に印刷することもできます。
 コンビニ印刷する方法を紹介

LINEで年賀状(無料アプリを使用する方法②)

「つむぐ年賀2022」

LINEライン年賀状2022年無料で作成・送る(送れる)・使える|お正月無料アプリ・スタンプ・テンプレートの使用方法2

本格的な年賀状がアプリでサクッと作成可能。
子供や自分の写真入りで年賀状を作りたい場合におすすめのアプリは「つむぐ年賀」です。

【アプリの使い方】(基本的にはがきデザインキットと同じ)
①アプリを使用して年賀状を作成する。
 テンプレートを選んで写真とテンプレートを添える。
 ※4500以上のスタンプと約800種類のテンプレートを選ぶことが出来る
②出来上がった画像データをダウンロードしてラインで送ることができる。

【メリット】
・完全無料アプリ
・写真とメッセージを使い自分だけのオリジナル年賀状が作れる

【デメリット】
・年賀状を作るのに時間が掛かる

【HP】つむぐ年賀2022

LINEで年賀状(郵便局「スマート年賀」を使用する方法)

3スマート年賀!郵便局でライン年賀状が送れるサービス

スマホで年賀状を作成しそのままLINEで送ることができ、はがきも住所も不要のデジタル年賀状サービスです。作成した年賀状はラインで利用する以外にも、印刷して送付することもできます。

2スマート年賀!郵便局でライン年賀状が送れるサービス

【年賀状を送る方法】

STEP0郵便局のスマートねんがLINE公式アカウントを友だち追加して「年賀状をつくる」をタップ!
STEP1購入したパックの中から裏面のデザインを選ぶ!
STEP2写真や動画を挿入したり、スタンプを貼ったり、メッセージを書いたりカスタマイズ!
STEP3宛名面を記入して送付する準備が完了!
STEP4LINEで送付可能!印刷して送付することもできます。

【メリット】
・スマホで完結するからすぐ送れる
・写真も動画もLINE年賀状にできる
・スタンプや、メッセージでアレンジ自由
・お年玉抽選が付いており、デジタルおみくじに参加できる
・一度購入すると期間中は何通でも送り放題
・購入すると複数デザインが楽しめる

【デメリット】
・無料ではない

【料金】
トライアルパック(5種類)200円~

詳細:
郵便局LINE(ライン)年賀状公式サービス【スマートねんが】2022開始!動画・メッセージを添付して住所なしで送付可能~

LINEで年賀状(LINEギフトを使用する方法)

LINEラインで年賀状(LINEギフトを使用する方法)
4LINEクリスマスカード2020年無料テンプレート

【LINEギフトを送る方法】
①LINEアプリ内の「ホーム」→「サービス」→「すべて見る」を選択
②「LINEギフト」を選択
③送りたいギフト選んでを選択
④「友だちにギフト」を選択
あとはテンプレートを選択し、メッセージを添えて送ることが出来ます。

【メリット】
・思い立ったらすぐに贈れるので時間が掛からない
・住所を知らなくてもOK!相手が自分で住所を入力できる
・ギフトが幅広いラインナップ
・メッセージを添えることはできる

【デメリット】
・お金が掛かる(しかし、32円のブラックサンダーなど低価格ギフトもあります。)
・オリジナルの写真などを添付することはできない
・テンプレート種類は多くない

LINEで年賀状(LINEで無料・年賀スタンプを送る方法)

LINE年賀状スタンプ無料挨拶あけおめ

↑上記スタンプは(参考)です↑

【無料LINEスタンプを送る方法】
①LINE公式アプリ内スタンプショップを選択
②イベントを選択
③各企業アカウントを友達追加 を選択
④ダウンロード
※2021年12月27日時点では、LINE無料・年賀スタンプがいくつか追加されています。
※2021年お正月のLINEスタンプ、無料の企業配布(友達登録条件あり)は
 4種類ありました。
※無料スタンプは、LINE アプリ内スタンプショップからイベントページを開いて、
 条件クリアで無料配布されます。(有効期限あり)


<2022年無料スタンプラインナップ(参考)>


【メリット】
・気軽にすぐ送ることができる

【デメリット】
・ラインナップが少ない
・セリフが短く「あけおめ」しか対応してなかったりする

【HP】LINEストア(無料)

LINE年賀状活用方法

ラインで年賀状を送る時の活用ネタを集めてみました。知っていると便利で楽しみが広がる活用方法です。

LINE年賀状一斉送信

LINE年賀状は画像データになっている場合は、一斉送信することが可能です。
年賀状デザインのLINEスタンプの場合は、一斉送信ができませんので一人一人送信するしか現在は方法がありません。

(同じ内容の一斉送信やり方)
画像データの場合は、画像を長押しして「転送」をタップ。一括送信したい友達、家族などを選んで転送完了。

何人まで一斉送信できるかというと、15人までできます。送る相手が多い場合は複数回に分けて送ることになるので、送信を間違わないように気を付けましょう。

LINE年賀状に添えるメッセージ例

「あけましておめでとう」とデザインされたLINE年賀状にも、なにかオリジナルの一言挨拶コメントを送りたい人も多いですよね。賀詞以外でLINEトークで送りやすい文章を用意してみました。

  • あけましておめでとう!!もう2022年だね(^^♪今年もたくさん笑って楽しい一年になりますように★
  • 〇〇あけましておめでとう!昨年は仲良くしてくれてありがとう。今年も良い1年にしよー!
  • はぴ☆にゅー☆いやー!!今年もよろしくだよー!この一年も元気にたのしくHAPPYに過ごそうねっ!!
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。コロナ禍でも楽しめる事は楽しもう。

【関連】
年賀状ダブルチャンス賞とは?2022年いつ、2回目抽選があった
LINEライン年賀状2022年無料・低価格で作る|郵便局は動画もOK
お正月スタンプ無料【2022年】あけおめ!LINE年末年始・元旦
あけおめスタンプ2022!LINEポイントゲットキャンペーン
年賀状一言【面白い】2022年トラ年20選、ユニークでウケる

【関連】
LINEアバター作成機能開始!自分にそっくりなアバターが作れる
LINEクリエイターズスタジオで作る年賀状スタンプ

あわせて読みたい

9件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    スマホで年賀状を作成できて、しかもLINEで送れるなんて知らなかったです。すごい時代になったものですね。

  2. 匿名 より:

    これはとってもかわいいので、どれにしようか迷ってしまいます!すごくパッと明るくて、すこぶるいいですね!

  3. 匿名 より:

    スマホで簡単に年賀状を作れるのが凄いですね!しかもクオリティは高いし、これは便利そうです。

  4. 匿名 より:

    毎年、本屋で年賀状印刷の本を買って年賀状を作っていたので、家にいてスマホでできるなんて楽すぎる~。

  5. 匿名 より:

    スマホで簡単にかわいい年賀状できるとか手軽で良さそうw

  6. 匿名希望 より:

    かわいいデザインがたくさんあって見ているだけで楽しいです!
    気軽に新年の挨拶ができるのはいいですね。

  7. 匿名 より:

    LINEで送れるのはスタンプだけだと思っていたので、年賀状が送れるなんてびっくりです!

  8. 匿名 より:

    年賀状と言えば本を買って印刷してと、結構手間がかかっていたけど、今はスマホ一つで簡単にできる時代。すごいなぁ。

  9. 匿名 より:

    もう年賀状の話題が出る季節になったのかとしみじみ思います。デザインを選ぶだけでも楽しそうでいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。