LINEライン年賀状2021年無料で作成・送る(送れる)・使える|お正月無料アプリ・スタンプ・テンプレートの使用方法

1LINE無料年賀状送る方法

2021年新年の挨拶にLINE年賀状で新年の挨拶を行う予定の方におすすめ!LINEで年賀状を送る方法を紹介します。ライン年賀状を送る方法は下記の通りです。

【関連】
LINEハロウィン2020年はいつから?ライン隠し背景エフェクトと言葉
LINEクリスマスカード2020年無料テンプレート
LINEアバター作成機能開始!自分にそっくりなアバターが作れる

LINEラインで年賀状を送る方法概要

【こだわりの年賀状に写真とメッセージを添えて送りたい場合】

  • 無料アプリを使って年賀状を作成し、ダウンロードしてLINEに贈る方法
    【アプリ】・郵便局の「はがきデザインキット2021」
         ・「つむぐ年賀2021」

【気軽に時間を掛けず、簡単に新年の挨拶を行いたい場合】

  • 郵便局の無料サービス「ぽすくまガチャ年賀」でテンプレートをもらって送る方法
  • LINEギフトで年賀状テンプレートとメッセージを添えて送る方法
  • LINEスタンプを送る方法

LINEラインで年賀状(無料アプリを使用する方法①)

■郵便局の「はがきデザインキット2021」
 ※2021年版は10月29リリース開始

はがきデザインキット2021

【アプリの使い方】
誰でも直感でカンタンに操作ができるスマホアプリ
①はがきのデザインは約300種類以上から選ぶ。
②スマホに入っている写真とメッセージを添える。
 あなただけのオリジナルはがきがカンタンに作れます。
③作った年賀状はスマホ端末に、無料でダウンロード保存する。
④保存した年賀状をLINEで使用することができます。

【注意点】
ラインで送付する時は、縦型、横型ともスマホ画面に合わせて調整されますが、LINEトーク画面で見ると縦型年賀状の方が大きく見やすいです。

【メリット】
・完全無料アプリ
・写真とメッセージを使い自分だけのオリジナル年賀状が作れる

【デメリット】
・年賀状を作るのに時間が掛かる

【郵便局HP】はがきデザインキット2021

※作成した年賀状はコンビニ(セブンイレブン)で簡単に印刷することもできます。
 コンビニ印刷する方法を紹介

LINEラインで年賀状(無料アプリを使用する方法②)

「つむぐ年賀2021」

つむぐ年賀状2021

本格的な年賀状がアプリでサクッと作成可能。
子供や自分の写真入りで年賀状を作りたい場合におすすめのアプリは「つむぐ年賀」です。

【アプリの使い方】(基本的にはがきデザインキットと同じ)
①アプリを使用して年賀状を作成する。
 テンプレートを選んで写真とテンプレートを添える。
 ※4500以上のスタンプと350種類以上の写真フレームを選ぶことが出来る
②出来上がった画像データをダウンロードしてラインで送ることができる。

【メリット】
・完全無料アプリ
・写真とメッセージを使い自分だけのオリジナル年賀状が作れる

【デメリット】
・年賀状を作るのに時間が掛かる

【HP】つむぐ年賀2021

LINEラインで年賀状(郵便局の「ぽすくまガチャ年賀」を使用する方法)

ぽくすまがちゃ年賀2021

【年賀状を送る方法】
①ぽすくまアカウントをLINE友達追加する。
②ガチャ年賀ボタンを押す。
③動くLINE年賀状を無料ゲット→スマホ保存する
④LINEトーク画面で送信することがでます。

LINEスタンプで人気のゆるいキャラクターデザイン年賀状が揃っているので、気軽に送れて楽しめます。動く年賀状は、画像を送るのとまったく同じようにLINEトークに添付送信ができます。

【メリット】
・動く年賀状が無料で貰える
・LINEスタンプで人気のゆるいキャラクターデザイン年賀状が揃っている
・何回もガチャに挑戦することができる
・貰ったテンプレートをそのまま送るので時間は掛からない

【デメリット】
・テンプレートは編集できない
・オリジナルの写真やメッセージは追加できない

LINEラインで年賀状(LINEギフトを使用する方法)

LINEギフトで年賀状2021
4LINEクリスマスカード2020年無料テンプレート

【LINEギフトを送る方法】
①LINEアプリ内の「ホーム」→「サービス」→「すべて見る」を選択
②「LINEギフト」を選択
③送りたいギフト選んでを選択
④「友だちにギフト」を選択
あとはテンプレートを選択し、メッセージを添えて送ることが出来ます。

【メリット】
・思い立ったらすぐに贈れるので時間が掛からない
・住所を知らなくてもOK!相手が自分で住所を入力できる
・ギフトが幅広いラインナップ
・メッセージを添えることはできる

【デメリット】
・お金が掛かる(しかし、32円のブラックサンダーなど低価格ギフトもあります。)
・オリジナルの写真などを添付することはできない
・テンプレート種類は多くない

LINEラインで年賀状(LINEで無料・年賀スタンプを送る方法)

LINE年賀状スタンプ2021

↑上記スタンプは(参考)です↑

【無料LINEスタンプを送る方法】
①LINE公式アプリ内スタンプショップを選択
②イベントを選択
③各企業アカウントを友達追加 を選択
④ダウンロード
※2020年10月23日時点では、まだLINE無料・年賀スタンプは追加されていません。
 年末が近づくと追加されると思われます。
※2020年お正月のLINEスタンプ、無料の企業配布(友達登録条件あり)は
 4種類ありました。
※無料スタンプは、LINE アプリ内スタンプショップからイベントページを開いて、
 条件クリアで無料配布されます。(有効期限あり)


<2020年無料スタンプラインナップ(参考)>

  • うるせぇトリ×ライザップ
  • NEOSエネゴリくん
  • オリコトリ★スタンプ第五弾♪
  • ねこぺん日和×ユニクロ


【メリット】
・気軽にすぐ送ることができる

【デメリット】
・ラインナップが少ない
・セリフが短く「あけおめ」しか対応してなかったりする

【HP】LINEストア(無料)

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    もう年賀状の話題が出る季節になったのかとしみじみ思います。デザインを選ぶだけでも楽しそうでいいですね。

  2. 匿名 より:

    年賀状と言えば本を買って印刷してと、結構手間がかかっていたけど、今はスマホ一つで簡単にできる時代。すごいなぁ。

  3. 匿名 より:

    LINEで送れるのはスタンプだけだと思っていたので、年賀状が送れるなんてびっくりです!

  4. 匿名希望 より:

    かわいいデザインがたくさんあって見ているだけで楽しいです!
    気軽に新年の挨拶ができるのはいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。