ふるさと納税サイトふるなびが掲載返礼品数95,000点を突破!年末発送の越前ガニが掲載開始!

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部上場:証券コード6535、以下アイモバイル)が運営するふるさと納税サイト「ふるなび」(以下ふるなび、URL:https://furunavi.jp/ )は、掲載する返礼品数が95,000点を突破したことをお知らせいたします。
※2020年8月20日調査時点

■返礼品について

ふるさと納税制度では、お好きな自治体に寄附をすることで、自治体から魅力的な返礼品を受け取ることが可能です。
※居住する自治体への寄附など、場合によっては返礼品を受け取れない場合があります。

■ふるさと納税サイト「ふるなび」について

https://furunavi.jp/ )
「ふるなび」では、ふるさと納税を通じて全国の市町村に寄附金を集めることで地域活性化を支援しています。
2020年、「ふるなび」は様々なふるさと納税PRをさせていただき『利用者満足度』『利用者メリット』『注目のふるさと納税サイト』の3冠を2年連続で達成することができました。(※)
(※)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年4月期_ブランドのイメージ調査

ふるさと納税業界では初となるふるさと納税コンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」( https://furunavi.jp/premium/ )、あとからゆっくり寄附できるポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」 ( https://furunavi.jp/catalog )ふるさと納税で旅行に行ける「ふるなびトラベル」 ( https://tp.furunavi.jp/ )、クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「ふるなびクラウドファンディング」 ( https://fcf.furunavi.jp/ )など寄附者へふるさと納税の認知啓蒙を目的としたふるさと納税関連サービスを多数展開しており、引き続き、ふるさと納税者及び契約自治体の、「ふるなび」サービス利用満足度の向上を目指してまいります。

【アイモバイルについて】
アイモバイルは、『“ひとの未来に貢献する”マーケティングを』というビジョンを実現するために、
テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」と、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟2階
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : https://www.i-mobile.co.jp/

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    分かりやすかったです
    ありがとうございました

  2. 匿名 より:

    ふるさと納税をしたいと考えていたので、とても参考になります。

  3. 匿名 より:

    今年はコロナの流行でなかなか旅行にも行けそうないので、好きな地方に寄付して地域の名産品を頂くのもいいなと思います。たくさん紹介されているようでわくわくします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。